どんなポイントがあるの?機械式時計の手入れ方法を調べてみよう

Posted on

ケースや風防は柔らかい布で乾拭きする

ケースや風防は傷が付くのを防ぐため、メガネ拭きなどの柔らかい布で手入れしておきます。水拭きはケース内部のムーブメントが錆びやすくなるので、なるべく避けましょう。防水の時計でも、パッキンが劣化していると浸水の恐れがあります。汗をかいた後は必ず乾拭きし、乾燥している場所で保管すると安心です。

金属製のベルトは中性洗剤で洗える

金属製のベルトは、本体から外せば中性洗剤で洗えます。使っているうちに皮脂や垢が入り込むため、超音波洗浄機を使って洗うのも簡単でおすすめです。擦り傷はコンパウンドなどで磨くと目立たなくなります。深い傷は修復が難しいので、時計店で磨いてもらうのがベストです。ヘアライン加工など、表面が加工された金属は磨けないので注意しておきましょう。

皮革製のベルトは休ませながら使う

皮革製のベルトは革靴のように、休ませながら使うのが長持ちさせるポイントです。毎日同じベルトを使わず、最低でも中2日は休ませてから使いましょう。表面が乾燥してきたら、専用のクリームで保湿しておきます。湿気の多い時期はカビやすいため、乾燥剤など湿気対策グッズを活用するのもおすすめです。

ムーブメントは時計店にメンテナンスしてもらう

ムーブメントは歯車やゼンマイなど、たくさんの金属部品で構成されています。メンテナンスには分解が必要なため、時計店などの専門業者へ依頼するのが一般的です。分解して清掃を行い、再度組み立てる作業はオーバーホールとも呼ばれています。毎日使っているなら3年に一度、月に数回使っているなら5年に一度が目安です。

ウブロとは高級時計メーカーの一つであり、個性的なデザインが魅力であり人気であると言われているようです。