機械式時計は美しく、お手入れ次第で長く愛用できる!

Posted on

時計の仕組みと美しさ

機械式時計はゼンマイを動力として動作する腕時計です。クォーツ式とは違って電力は必要ありません。大きく分けると2つの方式があり、リューズを手で回してゼンマイを巻き上げる手巻き式と、手巻きに加えて腕を動かすことによってゼンマイを巻き上げる自動巻き式があります。機械式の時計はクォーツ式と比べると正確性には劣るのですが、秒針の動きやムーブメントが美しく、ファッション性にも優れています。背面から内部の構造を見ることができるモデルもあり、その動くさまにはこれまで機械が好きでなかった方でも興味を引かれることと思います。

お手入れとメンテナンス

腕に時計を着けることによって付着する皮脂などを取り除くため、ケースや風防を眼鏡拭きなどの柔らかい布を使って手入れし、清潔に保つように心掛けます。たくさんの金属部品からできているムーブメントについては、長く使い続けるうちにメンテナンスが必要となってきます。メンテナンスの内容は、分解清掃、調整、摩耗部品の交換などがあり、それらをまとめてオーバーホールといいます。ただ機械式時計の数の減少とともにメンテナンスをできるお店は以前と比べるとそれほど多くはないようです。近くに機械式時計のメンテナンスができるお店がない場合はインターネットの修理店を利用する、または時計の製造メーカーに問い合わせをして近隣の時計店を紹介してもらうようにしましょう。定期的にメンテナンスをすることによって末長く機械式時計を愛用していくことが可能となるのです。

オーデマピゲとは、スイスの高級時計・宝飾品メーカー。世界三大高級時計メーカー(パテック・フィリップ、ヴァシュロン・コンスタンタン)の一つに数えられていて、本社はジュー渓谷のル・ブラッシュにあります。