マイホームの遮熱対策は植物がオススメ?壁面緑化の特徴を把握しよう!

Posted on

建物を植物で覆う行為と居住性の関係

建物の壁面に植物を這わせる壁面緑化は古くから欧州で行われていました。当初は建物の外観を変え、差別化を図るのが目的でしたが近年では植物で建物を覆うことによって日光を遮り、室温の急激な上昇を防ぐ効果が確認されています。そのため、居住性を向上させる目的で地域を問わず普及しています。

壁面緑化は大掛かりなリフォーム工事を行わずに建物の遮熱性を向上させる効果があるので支出を低く抑えることが可能です。小規模な住宅や倉庫の場合は短期間で壁面を覆うことが出来るので、日差しが強い季節に限定して遮熱効果を得ることも出来ます。植物の品種によっては複数年に渡って続けて壁面を緑化出来るのでより経済的な管理が可能になっています。

住宅に壁面緑化を施す際の品質管理

壁面緑化は使用する植物の性質が遮熱効果の良し悪しを左右します。また、立地環境が植物の生育に影響するので壁面緑化を実施する際は注意が必要です。品種によっては成長が早く、葉や蔓を多く茂らせるので壁面緑化に最適ですが、余計な葉や枝が増えると害虫が住み着いたり配線設備を損壊させるなどの不具合に見舞われます。却って居住性を損なうことがあるので、定期的に剪定を行い状態を良好に保つことが大切です。また、病気や害虫の繁殖が原因で枯れてしまうリスクを避けることも長く続ける条件の一つなので、壁面緑化に関する正しい知識を持つことを心がけます。

壁面緑化の実施は植物の管理に要する手間を考慮したうえで慎重に判断するのが住宅に住む人に求められる姿勢です。

壁面緑化は建物の壁面を植物で覆い、日光遮断や蒸散作用を利用して内部温の上昇を防ぎます。ヒートアイランド現象や温暖化対策で注目される中、古くからある手法を積極利用し、快適な暮らしを楽しむのも一つです。